部位を選ばない

医師NK細胞療法の効果の1つは部位を選ばないことです。がんというのはさまざまな部位で発症してしまうことがあります。そして、治療法によっては特定の部位のがんに効果を期待できなかったり、危険なために治療できないケースがあるのです。そのため、これまでは特定のがんに対しては諦めなければいけなかったり、危険な治療を選択しなければいけなかったこともありました。

それがNK細胞療法の場合は身体に存在しているナチュラルキラー細胞を用いた治療法となります。こちらの細胞はどのような部位のがんに対しても作用することができるのです。がんの種類に作用されずに効果を発揮してくれる治療法となっています。そのため、これまでは治療をすることが困難だったがんに対しても大きな効果を期待できるとされているのです。

たとえば従来の治療法とNK細胞療法を併用することもできるのです。これによって、さらに大きな効果を期待できます。NK細胞療法という新しい画期的な治療法が誕生したことによって、がん治療の世界は大きく変わろうとしています。従来の悩みを解決して、苦しいまずにがんを治療できる時代が来るかもしれません。それほど大きな期待をかけられているのがNK細胞療法です。

副作用がない

薬NK細胞療法は副作用がないというメリットがあります。これまで使われてきた治療法というのはどれも少なからず副作用が存在していたのです。薬を用いたり、放射線を用いることによって、癌細胞を破壊することが期待できたのですが、そのかわりに身体に対して大きな負担を与えてしまいました。その副作用に苦しんできた方はたくさんいたのです。それに耐えられずに治療を断念してしまうような方もいました。

一方、NK細胞療法というのは本来身体の持っている作用を利用した治療方法となっています。ナチュラルキラー細胞というのはリンパ球であり、腫瘍細胞やウイルス感染細胞を破壊することができます。子供の頃にはこのナチュラルキラー細胞がたくさん存在しているのですが、徐々にその数が減少していくのです。これによって癌にかかってしまう可能性が高くなってしまいます。

そこでNK細胞療法では体内に存在しているナチュラルキラー細胞を増やすことによって、がん細胞を破壊するという治療法となっています。元々、人間が持っている細胞を活用することになるのです。そのため、副作用の心配はありません。また、大きな効果を期待することができるのです。どんどん癌細胞を破壊してくれるでしょう。

NK細胞療法とは

医療はどんどん発展しています。これによって昔は治療をすることが難しかった病気を治せるようになったり、生存できる可能性が高まったりしています。特に多くの方にとって怖い病気というのはがんでしょう。日本人の死因の上位を占めているのががんであり、今でも完治することができなくて亡くなってしまう方がたくさんいるのです。このような怖いがんに対する治療法の研究はどんどん進んでいます。そのような治療法の1つとしてNK細胞療法があります。

NK細胞療法というのは人間の免疫力を高めてNK細胞によってがんを直接攻撃するという治療法です。1970年代に人間にはナチュラルキラー細胞があることが発見されました。こちらは細胞傷害活性を示すことが知られているのです。このナチュラルキラー細胞を用いることによって、がんを破壊することができるのです。これによって癌の免疫治療の新しい方法が生まれたのです。

手術これまでがんを治療する際には手術をしたり、抗がん剤を投与したり、放射線治療をするという方法が一般的でした。しかし、これらの治療法というのは副作用が強いためにさまざまな影響が出ました。患者がつらい思いをしてしまう治療法だったのです。副作用によって逆に寿命を縮めてしまう可能性もありました。そこで新しい免疫治療法が期待されているのです。

こちらではNK細胞療法について、その効果を紹介しましょう。従来の治療法との違いやこちらの治療法のメリットについて教えましょう。